楽天モバイルベーシックプランや速度制限時のデータ通信速度200Kbpsで出来ることとは?

「楽天モバイル、200Kbpsで出来ることってなんだろう?」
電話回線やISDN回線のインターネット接続を経験していない方々にとって、200kbpsという接続速度は未知の世界だろう。現在「携帯電話のコストを抑えたい!」ということで、電話かけ放題プランが実装されたMVNOの楽天モバイルが注目を集めている。
 楽天モバイルの詳細はコチラ

楽天モバイルのスマホプランは通信速度200Kbps固定のベーシックプランと高速通信も可能な3.1G/5G/10Gのプランがあり、MNPでワイモバイルのスマホプランSと比較検討したり、スマホプランSの2年縛りが終わる人たちの多くが代替手段として検討しているプランのひとつだ。
楽天モバイルの通話プランにはすべてインターネットが可能で、ベーシック/3.1G/5G/10Gといった用途に応じたプランが選択できる。ベーシックプランの通信速度は200Kbps、3.1Gプランなどの高速データ通信プランでも速度制限がかかると200Kbpsになる。そこで通信速度200Kbpsで出来ることはどんなことなのかまとめてみた。
「楽天モバイルベーシックプランや速度制限時のデータ通信速度200Kbpsで出来ることとは?」の続きを読む…

DIGNO C 404KCで自撮りはできるか?【ディグノC】

「DIGNO C 404KCで自撮りはできるか?」
ワイモバイルといえば「ニャンキュッパ」という、2980円で「実質通話かけ放題」「実質データ通信量無制限」というプランが有名で、コスト重視の方から人気を集めている。2016年2月25日現在、DIGNO C 404KCはワイモバイルのキャンペーン対象機器となっており、MNPでの契約だと端末料金が無料となるだけでなく1年間基本料金が月額1000円割引となり、純粋にプラン料金だけの支払いで済むというから驚きだ。
 DIGNO C 404KCのMNP契約詳細はコチラ

DIGNO C 404KCホワイト
大手キャリアの多くは「通話し放題」をうたっていても端末料金が上乗せされ、結局基本料金が6000円とか7000円に膨れ上がることが多いことが一般化されている中で、ワイモバイルのニャンキュッパとDIGNO C 404KCの組み合わせはまさに画期的といえるだろう。
DIGNO C 404KCは防水・防塵対応、耐衝撃仕様の頑丈なスマホだが、その分カメラなどの性能が最新機種と比べて若干劣るといわれている。そんなDIGNO C 404KCで自撮りはできるのだろうか?
「DIGNO C 404KCで自撮りはできるか?【ディグノC】」の続きを読む…

「ワイモバイル スマホプランS」とかけ放題プラン付きMVNO「楽天モバイルベーシックプラン」はどっちがいいの?MVNOはスマホプランSの代替となりえるのか徹底比較!

「スマホプランSと楽天モバイル選ぶならどっちだ?」
「ニャンキュッパ」で有名なワイモバイル社。2980円で無料通話やデータ通信がパッケージになっているスマホプランSはコストパフォーマンスの良さから人気を集めている。しかも2016年2月25日現在、MNPでDIGNO C 404KCを契約すると、契約から1年間は月額2980円から1000円割り引いた1980円で利用できるのだから驚きだ。
 公式サイトでスマホプランSをチェック

ところがここ最近、楽天モバイルが「かけ放題プラン」を始めたことで注目を集め始めている。楽天モバイルはあの楽天が提供しているMVNOで、格安料金だけでなく楽天ポイントなど楽天と連携したさまざまなサービスが魅力となっている。
 楽天モバイル公式サイトをチェック
スマホプランSを2年間利用しての代替手段を模索している方からも注目度の高い楽天モバイルのプランをワイモバイルのスマホプランSと比較をしてみることにした。今回は楽天モバイルベーシックプランにかけ放題プランを追加した場合との比較を行っていきたい。
「「ワイモバイル スマホプランS」とかけ放題プラン付きMVNO「楽天モバイルベーシックプラン」はどっちがいいの?MVNOはスマホプランSの代替となりえるのか徹底比較!」の続きを読む…

NEXUS5等のAndroid端末でAterm MR04LN/MR03LNからのBluetoothペアリングがうまくつながらないときの対処法

NEXUS5だけではなく、現在のAndroid端末のほとんどがBluetoothペアリングによるインターネット接続に対応している。Bluetoothペアリングによるインターネット接続はルーター側もAndroid端末側も双方に省電力をもたらしてくれるため、外出先で長時間充電ができない場面などで大活躍する。
bluetooth
Bluetoothペアリングができるモバイルデータ通信ルーターで代表的なものはAterm MR04LNだ。SIMフリーのモバイルデータ通信ルーターでなのでどのキャリアのデータSIMにも対応するだけでなく、BluetoothペアリングやデュアルSIMなど多様な機能を実装しており、前モデルのMR03LNから引き続き独り勝ちの状態が続いている。
 Aterm MR04LN Amazon最安値
 Aterm MR04LN 楽天最安値
しかし「Bluetoothペアリングをしたときにインターネット接続がうまくいかないことがある」との報告が結構あったが、Bluetoothペアリングのインターネット接続のチェックを外してもう一度付ければ動作する。以下で具体的なやり方をまとめておいた。
「NEXUS5等のAndroid端末でAterm MR04LN/MR03LNからのBluetoothペアリングがうまくつながらないときの対処法」の続きを読む…

ポストEMチャージ?代替手段となるデータ通信最有力候補のU-mobileとぷららモバイル、どっちがお得か比較してみた

「結局U-mobileとぷららモバイルどっちがいいの?」
EMチャージはイーモバイル社が提供しているデータ通信サービスで、
 プリペイド方式
 データ通信容量無制限
 いつでもサービス停止できる
 回線速度も速い
といった特徴を持ち、特にいつでもサービス開始・停止ができる使い勝手の良さが人気のサービスだったが2016年6月30日でサービス終了。そのため代替手段を探し始めている方も増えてきた。

その代替手段として検討していく中で最有力候補となるのがU-mobileのLTE使い放題プランぷららモバイルLTEの定額無制限プランだ。両者を選ぶ際、どちらがお得なのか比較検討してみることにした。
「ポストEMチャージ?代替手段となるデータ通信最有力候補のU-mobileとぷららモバイル、どっちがお得か比較してみた」の続きを読む…

EMチャージ代替手段をSIMフリーにしたとして、D25HWのシムロック解除は可能か?

MVNOのモバイルデータ通信サービスの多様化が進み、EMチャージの代替手段を模索している方も増えてきた。EMチャージはイーモバイル社が提供してきたプリペイドデータ通信サービスだが、D25HWとの抱き合わせ販売を購入した方も多いだろう。
emobile_pocket_wifi_gp0103
当サイトでは代替手段として、2016年はU-mobileのデータ定額プラン月額2480円で下り速度225Mbps、しかも最低利用期間が無いのでいつでも解約できるとしてオススメしているが、端末は別途購入が必要となるためD25HWなどの使用している端末をそのまま利用したいところだ。しかしD25HWにはシムロックがかかっているためイーモバイルのSIMしか受け付けてくれない。そこでSIMロックを解除する方法が無いか調べてみた。
「EMチャージ代替手段をSIMフリーにしたとして、D25HWのシムロック解除は可能か?」の続きを読む…

ワイモバイルのEMチャージは2016年6月30日で終了!2016年オススメの代替手段はMVNO!SIMフリーデータ通信のU-mobileで決まり!

「もうすぐEMチャージ終了じゃん!代替手段どうしよう!?」
ワイモバイルのEMチャージが2016年6月30日で終了する。EMチャージとはイーモバイル社が提供していたモバイルデータ通信サービスだ。D25HWを懐かしく思う方も多いはずだ。私自身も非常に重宝していたプランだったが、ソフトバンク社がイーモバイル社を吸収合併したことで終了してしまう。

 EMチャージ終了のお知らせの詳細はコチラ

EMチャージの良い点は支払方法がプリペイド形式でデータ通信量無制限、そしていつでもやめられる点だ。UQWimaxやソフトバンクなどのデータ通信大手でデータ通信サービスを契約する際には1年から2年の最低利用期間があって、もし途中解約をしたらかなり高額な違約金が発生してしまう。またデータ通信量にも制限があって、一定の通信量を超えると通信速度が劇的に遅くなってしまうのだ。

しかしEMチャージはプリペイド形式で使う期間だけ料金が発生する。期間も1日3日1週間4週間から選択でき、その期間のデータ通信量は無制限だ。そして何よりも重要なことは好きな時にいつでもやめることができる点だった。

そこで代替手段として2016年に当サイトがオススメするのは、MVNOのU-mobileが提供する月額2480円のデータ通信プランだ。

 U-mobileの詳細はコチラ

「ワイモバイルのEMチャージは2016年6月30日で終了!2016年オススメの代替手段はMVNO!SIMフリーデータ通信のU-mobileで決まり!」の続きを読む…

ワイモバイルのスマホプランに付けたほうがいいオススメオプションプランはコレ>>

ワイモバイルにはスマートフォンを購入する際、「スマホプランS/M/L」という他社には無い大変コストパフォーマンスの良いプランが選択できる。スマホプランSの場合月額2980円で
 10分以内の通話なら毎月300回まで無料
 データ通信量実質無制限
 機種によっては端末料金無料
 MNPとの併用によって更に料金割引
と、最安値のプランでも大変お得なサービスがついてくる。2015年2月23日現在、DIGNO C 404KCで契約をすると月額料金が毎月1080円割引になるため、毎月1980円でこれらのサービスが利用できるようになる。



このようにワイモバイルのスマホプランはドコモやau、ソフトバンクと比較しても圧倒的にコスパの良いスマホプランであるが、オプションプランはどれを選ぶべきだろうか?
「ワイモバイルのスマホプランに付けたほうがいいオススメオプションプランはコレ>>」の続きを読む…

MSM8916 1.2GHz(クアッドコア)とMSM8974 2.26GHz(クアッドコア)の体感的性能差はある?DIGNO C 404KCとNEXUS5を比較して評価してみた

スマートフォンは通話だけではなく、メールに動画閲覧、ゲームや仕事など様々な用途で活用することができる現代で必携のツールだ。そしてスマートフォンでの動作を司る心臓部がCPUだが、この性能はあなたのスマホの動作が速いかどうかを決める重要な要素の一つである。
cpu
ワイモバイルのDIGNO C 404KCなどに搭載されているMSM8916 1.2GHz(クアッドコア)とNEXUS5などに搭載されているMSM8974、2.26GHz(クアッドコア)はどちらもスマートフォンに採用されているCPUであるが、その体感的性能差は大いのだろうか?今回は代表的な機種であるDIGNO C 404KCとNEXUS5の性能差から比べてみることにした。
「MSM8916 1.2GHz(クアッドコア)とMSM8974 2.26GHz(クアッドコア)の体感的性能差はある?DIGNO C 404KCとNEXUS5を比較して評価してみた」の続きを読む…

DIGNO C 404KC対応の手帳ケースのAmazon、楽天売れ筋はコチラ

DIGNO C 404KCは京セラ製の防水・防塵、そして耐衝撃に対応した非常に頑丈なスマートフォンだ。現在ワイモバイル社から販売されており、MNPで契約するとスマホプランS・M・Lの月額料金が約1000円も抑えることができるため、「スマホの月額料金を大幅に抑えられる」と非常に注目されている機種の一つだ。
dignoc
防水・防塵・耐衝撃に対応しているだけあって壊れにくく頑丈なつくりではあるが、それでも裸で持ち歩けば細かい傷がついてしまう。こうした細かい傷を防ぐためにケースは必須である。今回はDIGNO C 404KCに対応した液晶部分もしっかり保護してくれる手帳型ケースの売れ筋商品について紹介していきたい。
「DIGNO C 404KC対応の手帳ケースのAmazon、楽天売れ筋はコチラ」の続きを読む…