Aterm MR03LNとMR04LNの違いを表にして発売直前レビューしてみた

rp_41wCcwd0dQL._SS250_.jpgMVNOデータ通信が爆発的に普及しつつあるなかで、SIMフリーのモバイルデータ端末も爆発的に売れ始めてきた。現在モバイルデータ通信端末の決定版ともいわれているAterm MR03LN。これの後継機種であるMR04LNが2015年7月16日に発売されるが、その性能の違いを比較表にして発売直前レビューしてみることにした。期待通りの性能なのか?見るべきポイントごとに解説していきたい。
「Aterm MR03LNとMR04LNの違いを表にして発売直前レビューしてみた」の続きを読む…

SIMフリーモバイルデータ通信端末選びの基準は?>>Aterm MR04LN/MR03LNなどのBluetoothテザリングや次世代通信高速規格「11ac」対応機種がオススメ

ATERMAterm MR03LN
 Amazon最安値はコチラ
 楽天最安値はコチラ

Aterm MR04LN
 Amazon最安値はコチラ
 楽天最安値はコチラ
SIMフリーモバイルデータ通信端末と言っても様々な機種が発売されているが、実際問題購入してから「こんなはずじゃなかったのに」と後悔するケースも多々あるようだ。使用を始めたらそう簡単には買い替えたりすることのできない端末だけに、安かろう悪かろうでは意味がない。かといって必要のない機能まで盛り込んだ機器を購入してお金の無駄遣いもどうかと思う。
今回は、これからあなたがSIMフリーのモバイルデータ通信端末を購入するとき、どのような基準で選んでいったらいいのかをお伝えしていきたい。
「SIMフリーモバイルデータ通信端末選びの基準は?>>Aterm MR04LN/MR03LNなどのBluetoothテザリングや次世代通信高速規格「11ac」対応機種がオススメ」の続きを読む…

Aterm MR03LNの後継機種Aterm MR04LNの性能から見る最適MVNOプランはぷららモバイル定額無制限プラン

plalamr04ln ぷららモバイル定額無制限プランはコチラからチェック
バランスの良い機能性で大人気のSIMフリーモバイルデータ通信端末Aterm MR03LNの後継機種であるMR04LNが2015年7月16日から販売開始される。MR03LNから進化した部分はLTE-Advancedに対応したことで最大通信速度が150Mbpsから300Mbpsへ上がった点や、MicroSIMカードを2枚差しできるデュアルSIM機能、国際ローミングに対応した点一番大きいところだ。MR03LNでも評価が高かったBluetoothテザリングや連続待受1000時間といった良い部分を全て残した上でバージョンアップをさせてきたようだ。
モバイルデータ通信サービスの選択肢を広げてくれるMVNOプランの普及がどんどん進んでいく中で、MR04LNに最適なMVNOプランはどういったものなのだろうか?
「Aterm MR03LNの後継機種Aterm MR04LNの性能から見る最適MVNOプランはぷららモバイル定額無制限プラン」の続きを読む…

Aterm MR03LNの後継機種Aterm MR04LNの発売日は7月16日から!その性能は?Amazon・楽天の最安値価格は?

 Amazon最安値はコチラ
 楽天最安値はコチラ
※2015年7月10日現在
MVNOが急速に普及していく中でSIMフリーのモバイルデータ通信ルーターに注目が集まるようになってきた。そんな中で特に注目を集めていた端末がAterm MR03LNだった。MR03LNは通信速度や操作性など全てにおいてバランスがよかっただけでなく、業界で初めてBluetoothによるネット接続を可能とした。Wi-Fi接続はモバイルデータ通信端末もネットを使用する端末も両方とも消費電力が大きかったのだが、Bluetooth接続が可能となったことで双方の消費電力を大きく抑えることが可能となり、最大で24時間の連続接続を実現させたのだ。2015年7月16日にAtermMR03LNの後継機種であるAtermMR04LNが販売されることとなった。果たしてどの部分がグレードアップされているのだろうか?詳細のスペック比較は後日に回すとして、今回は大まかにまとめておこうと思う。
「Aterm MR03LNの後継機種Aterm MR04LNの発売日は7月16日から!その性能は?Amazon・楽天の最安値価格は?」の続きを読む…

Aterm MR03LN Bluetoothテザリングの速度は?そしてそのメリットとは?

bluetoothテザリング Amazon最安値はコチラ
 楽天最安値はコチラ
Aterm MR03LNは高速なWi-Fi接続ができるのはもちろんのこと、Bluetooth接続によるテザリングに業界で初めて対応している。Bluetooth version4の接続スピードの上限が3.0Mbps。そしてMR03LNもBluetooth version4を採用しているので、Bluetoothテザリングの速度は3.0Mbpsだ。MR03LNはSIMフリー端末なので様々なモバイルデータ通信サービスのSIMを使用することができる。中には150Mbpsだったり220Mbpsのベストエフォート値を出すようなサービスもあるが、これはあくまでWi-Fi接続をしたときの数値。Bluetoothテザリングを行った場合の接続速度は、やはり最大で3.0Mbpsとなる。
この3Mbps、モバイルデータ通信サービスの広告に掲載されているベストエフォート値が100Mbps、200Mbpsとドンドン先走りしていることもあって「とても遅いんじゃないか?」と感じてしまいがちだが、実際そうでもないようだ。
Bluetoothテザリングを想定した代表的なモバイルデータ通信サービスはぷららモバイルの定額無制限プランだ。今回はこのプランを例にBluetoothテザリング接続のメリットを書いていこうと思う。
「Aterm MR03LN Bluetoothテザリングの速度は?そしてそのメリットとは?」の続きを読む…

Aterm MR03LNの液晶保護シートでオススメはコチラ

ATERM 反射低減タイプはコチラ
 キズ自己修復タイプはコチラ
 【玄人向け】強化ガラスタイプはコチラ
MVNOが一般的に認知されるようになってからというものの、SIMフリーのモバイルデータ通信端末の人気は急上昇中だ。中でもAterm MR03LNは以前は知る人ぞ知る名機であったが、現在はすべてにおいてバランスのいいデータ通信端末として認知されており在庫切れ続出中だ。
この端末を裸のまんまで使用することはあまりないと思われるので、本体そのものの保護はスリップインタイプのスマホ用ケースで代用できるが、タッチパネル式であるし、iPhoneほど強い液晶画面ではないのでタッチパネルを保護したいと考えている方も多いだろう。今回は当サイトがオススメするAterm MR03LN向け液晶保護シートをいくつかピックアップしてみることにした。
「Aterm MR03LNの液晶保護シートでオススメはコチラ」の続きを読む…

Aterm MR03LNのバッテリー交換やバッテリー容量増量をするなら>>【PSE認証済】標準バッテリーの約2.5倍の大容量(5700mAh)★超大容量バッテリーパック がオススメ

マスコミによる報道によってMVNO(仮想移動体通信事業者)による格安なデータ通信が一般的に認知されるようになってきたことで、ここ最近いわゆるSIMフリー端末に注目が集まっている。モバイルデータ通信におけるSIMフリー端末の中でもAterm MR03LNはその操作性のみならずBluetoothによるインターネット接続で消費電力を最大限抑える「Bluetoothテザリング」機能を搭載しているので電池の消費を気にせずインターネット接続を楽しむことが可能となった完成度の高い端末で、現在売り切れが続出中の注目端末だ。
現在当サイトイチオシのぷららモバイル定額無制限プランで市場価格より若干割安で購入できるので、MVNOでのインターネットをこれから始めようとするのであればぷららモバイル経由での入手がオススメだ。ただそうは言ってもバッテリー容量は多いに越したことはない。キャンプや出張などで長期充電ができないことを想定してバッテリー容量を増やしたり予備のバッテリーを持っておくことは重要だ。
「Aterm MR03LNのバッテリー交換やバッテリー容量増量をするなら>>【PSE認証済】標準バッテリーの約2.5倍の大容量(5700mAh)★超大容量バッテリーパック がオススメ」の続きを読む…

ぷららモバイル定額無制限プランの設定で「ご入力いただいた発信番号または端末製造番号に誤りがあります。再度入力してください。」と出た時の対処法

errorネットの設定をしていてエラーが出たときって結構ブルーになる。それが入力間違い程度ならいいのだが、入力がしっかりできているのにうまくいかないと、途端にパニクってしまう人も多いのではないか?ぷららモバイル定額無制限プランは税込み2980円(2015年6月現在)でデータ通信量を気にすることなくネットが使い放題になるイチオシのプランなのだが、このプランについても設定をマニュアル通りやっていても、人によってはこんなエラーメッセージにぶちあたることがあるようなので記述していきたい。
「ぷららモバイル定額無制限プランの設定で「ご入力いただいた発信番号または端末製造番号に誤りがあります。再度入力してください。」と出た時の対処法」の続きを読む…

ぷららモバイル定額無制限プランの3Mbpsってどうなの?

plala
Y!mobileのEMチャージサービスが2015年6月で終了となることに伴い、代替手段としてイチオシなぷららモバイルの定額無制限プランだが、月額2980円(税込)を支払えば通信量の制限無しでネットが使い放題になるだけでなく、契約したら最低2年使わなければいけないような最低利用期間や、加入は簡単にして解約を非常に難しくさせるような解約手数料を設定していないので、非常に魅力的なプランとして注目を集めている。
ただ、検討するにあたって一点だけ問題がある。それは回線速度だ。ぷららモバイルの定額無制限プラン、通信量の制限なしで使用できるとはいえ回線速度が3Mbpsしか出ないのだ。というわけで「ぷららモバイルの3Mbpsってどうなの?」というのが今回のテーマだ。
「ぷららモバイル定額無制限プランの3Mbpsってどうなの?」の続きを読む…

ぷららモバイルの「定額無制限プラン」と「二段階定額プラン」のちがいは?

plala ぷららモバイルのプラン詳細はコチラ
当サイトイチオシのぷららモバイルだが、プランの詳細をを見ていくと「定額無制限プラン」と「二段階定額プラン」という二つの容量無制限プランがあることに気づく方も多いのではないか。
二段階定額プランは最低使用料金が390円からスタートできて、どれだけデータ通信を使っても1か月最高で2550円しかかからないため、一見すると定額無制限プランよりお得なようにも見えるが、落とし穴があるので申し込むならそれをしっかり認識したうえでやることが重要だ。
「ぷららモバイルの「定額無制限プラン」と「二段階定額プラン」のちがいは?」の続きを読む…