スタディサプリでの学習にオススメのタブレット端末や選び方は?

小学生・中学生向け人気通信講座の一つであるスタディサプリはPC・スマホ・タブレット端末・・・端末を選ばず学習することができる。ではスタディサプリをタブレット端末で学習するのにあったものはどのようなものだろうか?

スタディサプリには2週間程度の無料お試し期間がある。スタディサプリは端末を選ばずに学習できるが、それは端末を自分で用意しなければならないということの裏返しでもある。そのため無料お試し期間で授業内容が自分に合っているかどうかを確認するだけでなく、手持ちの端末でしっかり動作するかどうかを確認しておくことも非常に重要だ。

iOS(Apple)かAndroidか、それともWINDOWSか?

iOS(Apple)の場合はipad、AndoridやWINDOWSならKindleFireSurfaceなど様々な端末が対象機種となる。スタディサプリを受講するだけであればどの端末でも問題はないが、最近になってスタディサプリはアプリを使用することで動画をダウンロードして保存できるようになった

これまでスタディサプリの最大の弱点はネット環境に常時接続していないと受講ができないという点だったが、今後はwifi環境など通信環境が良いときに受講だけでなく講義をダウンロードしておけば外出先でも授業を受けることが可能となったわけで、iOS端末とAndroid端末であればデータ通信料を気にすることなく受講することが可能だ。

データ容量(データ保存領域)はどの程度必要か?

スタディサプリの講義内容がダウンロードできるようになったことで、タブレット端末にもある程度のデータ保存領域が欲しいところだ。タブレット端末をスタディサプリ専用で使用するということであればKindleFireの8G程度でも充分だが、そのタブレット端末をAmazonPrimeVideoのようなその他の動画サービスを保存するなどで使用することを想定するのであれば最低でも16G、できれば32G以上は欲しいところだ。

タブレット端末ならアプリがダウンロードできてテレビとの連携もしやすいiOSかAndoridがオススメ

iOSかAndoridのタブレット端末であれば
 専用アプリが利用できる
 専用アプリから授業がダウンロードできる
 AppleTVFireTVStickなどでテレビと連携しやすい
といった理由からスタディサプリをフル活用できるだろう。

iOS端末でアプリを利用する場合の注意点

古いiOS端末(iPad)だとアプリの動作が保証されないので注意が必要だ。
スタディサプリのアプリ情報は以下の通り。

販売元 Recruit Co.,Ltd.
サイズ 108.9MB
カテゴリ 教育
互換性
iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語
日本語、英語
年齢 4+ 対象年齢
Copyright © Recruit Holdings Co.,Ltd.
価格 無料

「iOS10.0以降」が意外にクセモノで、タブレット端末でいくとiPadmini(初代)・iPad(第3世代)が非対応になっているほか、スマートフォンでもiPhone4sが非対応となったので中古のタブレット端末やスマートフォンを購入してスタディサプリ用にしようと考えている方は特に注意が必要だ。