呼気内のアルコールをチェックするアルコール呼気チェッカーの選び方

先日のモーニング娘。吉澤ひとみさんが飲酒運転とひき逃げで逮捕された事件は驚きだった。やったこと自体に何も言い訳ができない事件だが、今回の事件で特に車を多く運転する方は体調管理の一環としてアルコールの呼気もチェックすることが重要だと改めて認識させられたと思う。

アルコールの呼気をチェックする場合、数値化して管理する必要がある。なぜなら飲酒運転で捕まる基準は「お酒をどれだけ飲んだか?」ではなく「呼気1リットルあたりにアルコールがどれだけ含まれているか?」だからだ。意図して飲酒運転をすることは論外だが、ここで危険なのは前日に飲んだお酒が体内に残っている状態で捕まってしまうことだ。

「ちょっとしか飲んでないのに」が言い訳にならないので、しっかりとした自己管理が大事だ。そんな体内のアルコールをチェックするのに利用されるのが「アルコール呼気チェッカー」だが、どういった基準で選んでいけばいいだろうか?
「呼気内のアルコールをチェックするアルコール呼気チェッカーの選び方」の続きを読む…

飲酒後アルコールの呼気をチェックする機械「アルコール呼気チェッカー」でオススメは?モーニング娘。吉澤ひとみさんの飲酒運転ひき逃げ逮捕を受けて

先日モーニング娘。の吉澤ひとみさんが飲酒運転とひき逃げで逮捕された。呼気から基準値の4倍程度のアルコールが検出されたそうだ。故意ではなく、たとえば前日に飲んだお酒が残っていて運転したのか、それとも故意で飲んだ直後に運転したのかは今後の調べで分かると思うが、いずれにせよ飲酒運転とひき逃げのセットは何も言い訳ができないだろう。

飲酒運転で捕まる基準は厳格化されてきており、2018年9月現在呼気1リットルあたりのアルコール量が0.15mg以上になった時点で一発免停、0.25mg以上になった時点で免許取り消しとなっている。

ここで問題なのは「たとえそれが故意ではなくても」チェックを受けた時点での数値で一発免停なり免許取り消しになってしまうことだ。たとえば前日の夜にお酒を多めに飲んだがその後は一切お酒を飲まずに早めに就寝をし、翌朝車で移動した際に警察からのチェックを受けたら基準オーバーだった。こういった場合でも一発免停であったり免許取り消しの対象となってしまう。

そのためアルコールを大目に摂取した翌日は特に気を付けなければならず、お酒を飲む機会が多い方の中で車の運転をすることも多い方は特にアルコールの呼気を数値化する機械を使用して自営することをオススメしたい。本記事では現在売れ筋のアルコール呼気をチェックする機械をピックアップしていこうと思う。
「飲酒後アルコールの呼気をチェックする機械「アルコール呼気チェッカー」でオススメは?モーニング娘。吉澤ひとみさんの飲酒運転ひき逃げ逮捕を受けて」の続きを読む…

「とりあえず付ける」程度の安いドライブレコーダーをお探しなら>>3000円台で購入できるTECDVRVGAがオススメ

TECDVRVGA TECDVRVGA Amazon最安値はコチラ
交通事故ってどれだけ気をつけていても起きるときは起きるもんです。私、学生時代に車にはねられたことありましたが、青信号をわたろうとしていたときだったんですよね。車を運転している側も同様で、どれだけ安全運転をしていても急な飛び出しだったり玉つきだったりで交通事故が起きるときは起きてしまいます。そんなときに初めてドライブレコーダーがあればよかったと思ったりもするのですが、事故を起こしたことが無いと「あったらそれはいいだろうけどそこまで投資しなくてもなあ」とか「今度でいいや」とか思って先延ばしになっている方も多いと思います。そんな方に「これなら買っておいて損はないだろう」というドライブレコーダーを見つけましたのでお伝えしようと思います。
「「とりあえず付ける」程度の安いドライブレコーダーをお探しなら>>3000円台で購入できるTECDVRVGAがオススメ」の続きを読む…